学校概要

校長挨拶

校長挨拶(令和2年4月)

校訓

誠実・責任・努力

ミッション(地域社会における自校の使命)

 生徒の主体的な学びによる自己実現を応援し,生徒自らが進路目標を達成し,地域社会や国際社会に貢献できる人材を輩出する。

ビジョン(使命の追及を通じて実現しようとする自校の将来像)

 

生徒の主体的な学びを促す教育活動を実践し,保護者や地域社会から期待され信頼される学校

① 生徒が主体的に学力と体力を向上させ,自ら学び続ける力を育み,進路目標を達成する学校
② 生徒会活動や学校行事,部活動を通じて社会性を身につけ,課題の解決や新たな価値の創造に協働して取  り組む学校
③ グローバルマインドを育み,実践的なコミュニケーション能力を培う学校
④ 地域行事への参加や地域環境の向上に貢献する学校
⑤ 教職員が主体的かつ積極的に教育の質的向上をめざし,社会の変化に対応して求められる資質を向上さ  せていく学校

目指す生徒像

① 基礎的知識・技能をもとに,それらを結び付けて考察・判断し,より深い学びを主体的に実践する生徒
② 習得した知識・技能を活用し,校内・地域社会・国内・地球規模の課題を解決するために他者と協働して  取り組む生徒
③ 「主体的な学び」の成果をもとに,より高い進路目標の実現に向けて失敗を恐れずに果敢に挑戦する生徒

校章


校章の由来

 本校の校章は,昭和52年4月8日開校にあたって制定された。
 中央に「高陽」と「高等学校」の頭文字である「高」の文字を配し,曲線模様によって太田川の流れと勾玉を表徴している。周囲の3本の曲線模様は,本校の北を合流点とする太田川,根谷川,三篠川のたゆみなき流れと,本校の校訓である「誠実,責任,努力」を表している。その曲線が描き出す模様は,本校建設にあたり造成地から発掘された勾玉を形どっており,本校が所在する高陽の地が文化の発祥にゆかりのあることを偲ぶものである。高い理想に燃え,新しい校風 を樹立し,限りない将来への発展と創造の精神高揚に努めることを象徴的にまとめている。


校歌

広島県立高陽高等学校校歌

作詞・作曲  校歌制定委員会

一,
四方の山なみ 緑映え
瞳かがやき 集ひ来て
ああわれら  高陽の
誠の心  培かはむ  

二,
千古の流れ 淵となり
知識の泉  くまんとて
ああわれら 高陽の
努めて励まん 学びの舎

三,
恵下の勾玉  胸に秘め
新しき時代   創りなす
ああわれら  高陽の
若人はや  任重し

沿革

学校沿革の概要(PDF)

教育課程

令和2年度実施教育課程

 平成30年度入学者に係る教育課程

 平成31年度入学者に係る教育課程

 令和2年度入学者に係る教育課程

学校経営計画

令和2年度

学校運営協議会

令和2年度

進路実績

令和2年度進路実績

平成31年度進路実績

平成30年度進路実績

所在地

アクセスへ

校内通信

校内通信一覧へ